猫砂の選び方のチェックポイント

猫のトイレに欠かせないものといえば、猫砂です。猫トイレにいれて使うものですが、いろいろな種類があるため、選ぶのに迷うものです。猫砂は、その材料によって特徴がちがいます。そのなかで使いやすいものや、ライフスタイルに合っているものを考える必要があります。その中から、猫の好んで使ってくれそうなものなのかどうかが重要なポイントの一つになります。また、掃除のことを考えると、ある程度飛び散りの少ない物や消臭効果があるほうが良い、さらに、吸水性がよく固まりやすい物や、ゴミ処理として処理できるものやトイレに流せるものなど、飼い主側の都合もあります。選ぶときには、どこに注目して、何を基準にすればよいのでしょうか。どの砂が飼い主と猫の双方にとって一番良い砂なのかしっかり選んでください。

一般的な砂の種類とその特徴について

主な砂の種類としては、鉱物系、木材系、紙系、おから系などがあります。鉱物系は水を吸収して固まりやすく、砂の粒が細かいので猫が扱いやすいという利点があります。デメリットとしては、トイレの外に飛び散りやすく、トイレに流せない点です。木材が原料の物は、砂の粒が大きいので飛び散ることが少ないところと、ヒノキなどをつかっている場合は消臭効果も期待できるところがメリットです。ただ、固まりにくいものがあるところがデメリットです。紙製のものも粒が大きいので砂の粒は大きめですが、紙独特のほこりが出ることがあります。吸水性が高く、価格も安く、トイレに流せるものもあるので、後始末が楽です。おからが使われているものもあります。固まりやすく、トイレに流せるタイプが多いため扱いやすいのですが、独特のにおいがあり、猫が気に入らないことがあったり、おからの砂を食べてしまうことがあるので注意が必要です。

実際に猫砂を選ぶときのポイント

原材料によって砂の効果や扱い方が変わってきますが、実際に購入するときには、何に注目して選べばよいのでしょうか。まずは、消臭効果があげられます。猫は完全室内飼いをしている場合がほとんどなので、室内に、においがこもるのは避けたほうがよいでしょう。発売されている砂の多くは消臭に力を入れていて、メーカーによっては素材そのものに消臭効果を持たせたり、香りや消臭粒を混ぜたりしています。次に、吸水性も大切です。尿をしっかりと吸ってくれて固まりやすいものは掃除をしやすいので、トイレを清潔に保つことができ、においも防ぐことができるでしょう。処理の方法はどうでしょうか。燃えないゴミなのか、燃やせるゴミとして出すのか、トイレに流して処理が可能なのかということも考慮するポイントです。一番大切なのは、猫が気に入って使ってくれるかどうかです。いくつか試してみて、使いやすそうなものを選んであげるようにして下さい。