猫砂を選ぶ時に気を付けるべきこと

猫砂は、猫のトイレに使う砂のことです。様々なタイプの物が販売されていて、一般的には、その中から飼い主が一番使いやすいと思われるものを選んで購入しています。それでも、種類がたくさんあるせいか、何を選んだらよいのか悩みがちです。飼い主が扱いやすく、かつ猫が気に入るものを選びたいと思うものですが、固まるタイプや消臭効果をうたっているもの、水に流せるものなどがあり、年々改良もされているため、すでに猫を飼っている人はもちろん、初めて猫を飼う人はさらに迷うことでしょう。説明書を読めばそれぞれメリットとデメリットがあるように思えますが、実際に購入するときに、何を基準にして選べばよいのでしょうか。なにか気をつけなければいけないことがあるのでしょうか。

猫砂は原材料によって違いがあります

一般的に猫砂の種類は、鉱物タイプ、木材タイプ、紙タイプ、食品タイプ、シリカゲルタイプに分かれています。鉱物タイプは粒が小さく、吸水性に優れていて固まりやすく、消臭力が強いという利点があります。比較的経済的でもありますが、砂自体が重く買って帰るのに大変なことと、粒が飛散ることがデメリットです。木製や紙、食品のおからやコーンからできているタイプは、軽く、淡い色の砂が多いので、尿の色を確認しやすく猫の健康をチェックしやすいというメリットがあります。木製のものは燃えるごみとして処理できたり、紙製のものはトイレに流せるものなど、後始末も簡単にできます。ほこりがたちやすく、固まりにくい点がデメリットです。シリカゲルタイプは消臭力に優れています。また、抗菌作用もあり、粉も立たないので清潔に使えます。固まらない砂であることと、比較的高価なので、使い方に気を付ける必要があります。

飼い主のライフスタイルにあった砂を選ぶ

いろいろと砂の種類がありますが、飼い主のライフスタイルによって猫砂の種類を決めることが大切です。掃除や後の処理にどのくらい毎日時間をかけることが出来るでしょうか。掃除しやすいことを重視するなら固まりやすいものが良いですし、捨てるごみを減らしたいなら、トイレに流せるタイプを選ぶこともできるでしょう。トイレによっても使用できる砂が変わってきます。通常の箱形のトイレならば、どのような砂でも使用できますが、二重構造のシステムトイレを使う場合は、シリカゲルタイプか、専用の砂を使います。固まるタイプの物は間にあるスノコの部分が目詰まりしてしまうため使うことができません。どの砂を選ぶにしても、最終的には猫が気に入るかどうかということが大切です。飼い主と猫両方が納得できるようにいろいろ試してみてください。