評判が良い猫砂のポイントを解説

初めて猫を飼育するときには、ケージ、食器、猫ベッド、トイレなどいろいろな物を用意することになります。猫はトイレの後にその場所を隠す行動をするのが習性です。そのため、トイレには「砂」が必要になります。店頭には非常に多くのトイレ用の砂が売られています。初めて猫を飼育するときにはどの砂が良いのかわからないこともありますが、評判が良い猫砂について知っておくと選ぶ基準になります。また、使用してみないと分からなこともありますが、猫によっても砂の種類に好き嫌いがあります。評判の良い砂には猫にとっての使い心地や、飼い主が扱いやすい、コストがかからないなどもポイントになっています。種類によってメリットやデメリットがあることなどを踏まえて、ポイントを解説していきます。

システムトイレに使用する砂が人気

猫のトイレは大きく分けると2種類のタイプが存在します。システムトイレと通常の容器のみのトイレです。システムトイレは2段になっていて、下の部分のシートにおしっこが染み込む仕組みです。トイレの度に掃除をする必要がないのがメリットです。システムトイレではおしっこをしても吸収しない猫砂を使用します。システムトイレで使用する砂で人気なのは、消臭効果が高いものです。その都度掃除をする必要がない分、ニオイの対策がポイントです。消臭効果が高くさらに、香り付きの砂もあります。また、人気商品では粒の大きさも重要です。あまり小さいと猫の足の裏に挟まってしまい、猫が嫌がるトイレになってしまいます。粒の形も様々で、なるべく転がりにくい形で片づけしやすいものも人気です。

システムトイレに使用する新しい種類の砂

通常のシステムトイレの砂は、水分を吸収しないことが一般的でしたが最近では別のタイプが人気となっています。それは「木質ペレット」です。木質ペレットは燃料としても使用されています。これを猫砂として利用するメリットは、扱いやすいさと安さです。木質ペレットは水分を吸収するタイプの猫トイレの砂ですが、水分を吸収した後に細かく崩れる性質があります。崩れると下部のトレーに落ちるため片づけが楽です。通常のシステムトイレの砂ではうんちで汚れた砂を取り除くのですが、全て取り除くのは大変です。ペレットなら、汚れた砂を取り切れなくてもおしっこをすることで細かくなってしまい、これも掃除しやすいポイントです。そのため、コストを低くすることができ、通常の砂1袋よりも安く長く使用できることが評価されています。